Category Archives: ラックマウント

HAクラスタ・NFSサーバでSTONITH機能の動作検証 (スプリットブレイン阻止)

POWER MASTER Server S4200には、3.5インチを4台と2.5インチを1台搭載でき、LANポートを4つとIPMI2.0準拠のマネージメントコントローラ用LANポートを1つ備えています。

S008 ラックマウント キットを使うと、1UスペースにPOWER MASTER Server S4200を2台搭載出来るので、HAクラスタ・NFSサーバを構築し、障害時の動作確認を行いました。
◎ 環境
ディスク構成

120GB SSD x1台 (CentOS6.5 x86_64をインストール。)
4TB HDD x4台 (ソフトウェアRAID5を構築。)

ネットワーク

bond0 (eth0とeth1でbond0を設定。)
eth2,eth3 (死活確認用。eth3はDRBD同期用も兼ねる。)
IPMIポート (STONITH機能で利用。)

HAクラスタ用ソフトウェア

DRBD8.4
Pacemaker+Heartbeat (Pacemakerリポジトリパッケージ (RHEL6) (1.0.13-1.2))

ネットワーク構成図

想定した故障は、LANポート故障により2台のサーバ間で死活確認が出来なくなった場合で、その際、STONITH機能により実行されるスタンバイサーバ再起動の確認です。
構築したクラスタは、アクティブ/スタンバイ型のHAクラスタです。各サーバのeth2ポートとeth3ポートを利用して死活確認を行っています。
片方のサーバのeth2ポートとeth3ポート、server1のeth2ポートとserver2のeth3ポートなどいくつか組み合わせパターンが考えられますが、eth2ポートとeth3ポートが同時に正常に動作しなくなると、死活確認が出来なくなります。

死活確認が出来なくなっているだけで、アクティブサーバは停止しておらず、NFSサービスが継続して動作しています。
スタンバイサーバは、アクティブサーバが停止したと判断して、アクティブサーバへの昇格しようとします。もし、昇格するとサービスが二重起動するスプリットブレインが起きてしまいます。
スプリットブレインを防ぐために、STONITH機能によりアクティブサーバがスタンバイサーバを再起動させます。

以下は、pacemakerのCRM設定(一部)です。


primitive prmHelper1-1 stonith:external/stonith-helper ¥
params priority=”1″ stonith-timeout=”80s” hostlist=”server1″ dead_check_target=”IP addresses” run_standby_wait=”yes” standby_check_command=”/usr/sbin/crm_resource -r res_IPaddr2_1 -W | grep -q `hostname`” ¥
op start interval=”0s” timeout=”60s” ¥
op monitor interval=”10s” timeout=”60s” ¥
op stop interval=”0s” timeout=”60s” ¥
meta target-role=”started”
primitive prmIpmi1-2 [...]

DELL PowerConnect 2800 シリーズ

以前からPLANEXやNETGEARなどを取扱いしてきましたが、気がつくとEOLで後継機種になっていることが多々ありました。
いまさらGigabit Switchなので、機能面の向上はあっても性能面の向上はそうそうないと思います。
やっぱり息の長いモデルが良いです。。。
そこで DELL PowerConnect 2800 シリーズ です。
息が長い!! そして安いです!!
Trunk、タグVLAN、Jumb Frameにも対応。この安さでL2スイッチ!!
前面にある小さなボタンを押すとManaged modeに変身してL2スイッチ化します。
設定や管理はブラウザからGUIです。CLI機能もありますが、おまけ程度のようです。
GUIは直感的に操作できます。
DELL PowerConnect 2800 シリーズでVLANネットワーク化してみては??

最大4枚のGPUカードを搭載可能なラックマウントワークステーション

最大4枚のGPUカード搭載可能。18本のDDR3メモリを搭載可能で最大144GBまで拡張できる。さらに前面に8台のリムーバブルトレイが備されており、専用のコントローラにてRAID構成にも対応可能。
電源ユニットは冗長化電源で80PLUS Gold対応。ただし受電電圧により最大出力値が違う。100V環境で 1100W、200V環境で1400Wとなる。最大4枚のGPUカード搭載した場合に、100V環境では電源容量不足になる場合があるが電源ユニット側の設定により非冗長化電源に変更可能で、この場合は100V環境で2200Wとなる。

8 x 3.5″HDD 1U高密度ストレージサーバシステム

1Uラックマウントサーバ。最大で8台の3.5インチHDDを搭載可能なストレージサーバです。
通常はマザーボードのSATAポートへ接続しますが、オプションでRAIDコントローラ追加搭載するこも可能です。

1Uに2 x 3.5″HDD + 4 x 2.5″SSD

1Uラックマウントケースに2台の3.5インチSATA HDDと4台の2.5インチSATA SSDを搭載しています。3.5インチHDDは3ware 9650SE-2LP RAIDコントローラでRAID1構成、2.5インチSSDはメインボード上のSATAコネクタに接続しています。

ベースシステム:POWER MASTER Server S839