AMD EPYC 7501 + 32GB DDR4-2666 性能評価

EPYC1CPU当たり32コアを持つEPYC 7501 x 2個と、32GB DDR4-2666 x 32枚(合計1024GB)を搭載するシステムPOWER MASTER Server S5081にて、姫野ベンチマークによる計測を行ってみました。

ちなみに、AMD EPYCには8coreのダイが4つパッケージに入っていて、各々のダイにはメモリ2chとPCIE x16 2本が接続できる構成となっているとのこと。1CPUでメモリ8chとPCIE x16 8本も持っているのです。

【環境】

    CPU:EPYC 7501 x 2個
    メインボード:Supermicro H11DSU-iN
    メモリ:32GB DDR4-2666 ECC Registered x 32枚(合計1024GB)
    OS:CentOS7.3 x86_64

【テスト】

① シングルスレッド評価

    Compiler: gcc 7.2.1
    Benchmark: himenoBMTxp_l(C, dynamic allocate version)
    Size: L

② マルチスレッド評価

    MPI: mpich3.2
    Compiler: gcc 7.2.1
    Benchmark: cc_himenoBMTxp_mpi(C + MPI, static allocate version)
    Size: L、XL

【結果】

テスト(SIZE L) スレッド数 Score(MFLOPS)
シングルスレッド評価 1 5034
マルチスレッド評価(実コアのみ) 64 88590
マルチスレッド評価(SMT有効) 128 71922

テスト(SIZE XL) スレッド数 Score(MFLOPS)
マルチスレッド評価(実コアのみ) 64 92607
マルチスレッド評価(SMT有効) 128 72877

(SMT: Simultaneous MultiThreading)

Xeon E5-2680v4とEPYC 7501のシングルスレッド値で比較すると、 EPYC 7501は、Xeon E5-2680v4よりも 約1.35倍の高い結果となっています。

並列計算でもスレッド数64で良い結果となっていますが、スレッド数128では値が少し下がっていて、このあたりがメモリ帯域の限界ではなかろうか?

いずれにしても、すでに持っているバイナリ(アプリケーション)で、パフォーマンス向上を目指すならば、AMD EPYCは良い選択肢となるかもしれません。

Twitter
  • Twitter
  • email